拒否メークは素肌に悪い

お肌が荒れている時や疲れているまま、表皮によって昼もわざと「すっぴん」で過ごされている方も多いのではないでしょうか。
表皮によってしていた「すっぴん」での暮らしも、実は逆効果なことがあるのです。
別に昼、すっぴんでのスタートは表皮に悪影響を与えてしまう。すっぴんで外出することによって、UVの左右をダイレクト表皮に受けることになります。UVには、メラニンの躾を促して不潔などをでき易く講じる他にも、表皮の乾燥やシワなどの退化を促進する働きがあります。外出しなくても、屋内にいても実はUVの左右をうけます。太陽の光と共に、窓ガラスにてUVを浴びてしまう。また、風向き中頃の変色やほこりも表皮には悪影響を及ぼします。毛孔の停滞や変色の原因にもり、にきびや肌荒れを招いてしまう可能性もあります。
表皮に何もつけない方が良いと思われがちですが、実はコスメなどで様々な外から表皮を守っていたのです。仮に、結構メークができなかったり、すっぴんで過ごさなければならない場合にはUV目論みとして、できるだけ日焼け止めを塗ったり、十分な保湿を心がけることによって、乾燥や表皮へのストレスを防ぐことが全く大切です。詳しくはこちら